ライフオーガナイザー🄬と建てる後悔しない家づくりvol.6

片づくトリセツで収納計画!滋賀県ライフオーガナイザー🄬金子利佳です。

この連載では2015年に建ったわが家の新築エピソードをもとに
家づくりや収納について
片づけのプロの視点を加えて書いています。

今日の記事では【リビングが散らからない為の間取り収納計画
について片づけに悩むお客様のお言葉からヒントに出来そうな事をご紹介したいと思います。

相談されることが多いんです!

新築ホヤホヤの時は家具もないしモノも少ないので
建物の美しさが際立ちます。

モデルルームにおいても
インテリアのプロが演出される空間に
うっとりしちゃいますが

リアルな暮らしはそうもいきません。

住んでみて段々モノが増え、
家族が何でもリビングに持ち込み
『最初のスタイリッシュだった空間は
どこいったーーー⁈』っと
お嘆きの方も多いはず。

実際、私のところに寄せられるご相談にも
『子供たちがリビングで着替えるので困っています』
というお悩みが多いです。

先日も講座の後に↑
同じ内容のご相談がありました。

ヘアアイロンや化粧品なども増えて、
朝の身支度もリビングでするようになっているのですね。

散らからないリビングにする為の3つのポイント

①先ずは原因をリサーチ

何でもかんでもリビングにモノが集まるのはなぜでしょう?
・自室に行くのが面倒?
(なぜ面倒なのかも本人からきいてみる)
・自室や洗面室に行かない・行けない理由は?
(寒い・暑い、暗いから怖い、いつもギリギリで時間が足りない等)
・洗濯後の衣類がリビングに溜まっていないか?

家族の行動のクセを含めて
よーく観察してみましょう。

また、ご自身やパートナーのモノを管理する場所がないパターンもあります。

皆さんのバッグ、多くはリビングに置いておられるのではないでしょうか?

②洗濯動線を見直す

乾いた洗濯モノがいつの間にかリビングの一角で積みあがってる…なんてことになっていませんか?

取り入れたままの図…

各部屋のクローゼットには違うものが収まってる…とか。

そうなると自分の部屋で着替えるより
リビングで着替えるほうが楽というのも頷けます。

パジャマも家族の分がリビングに集まると、大変なボリュームに。


③自室に行きたくなる仕掛けを作る

小学生の中学年から高学年にかけて、
自分の部屋を欲しがることが多いですが、その時の気持ちを思い出してもらう作戦はどうでしょう?

自分だけのお気に入り空間があれば
行動を変えられるかもしれませんよー。

あるお客様の事例では、
子ども部屋と奥さまのクローゼットを
使いやすい仕組みに片づけをしたら

リビングで着替えをしなくなり、
奥さまに至っては服を選ぶ楽しみが増えた♪なんて変化もありました。

もしも自室が取りあえずの物置き部屋になっているとしたら、
そこを居心地よくすることでリビングへの持ち込みをブロックできるかもしれません。

これぞ、人を変えずに仕組みを変える極意✨✨

新築・リフォームの前に押さえておきたい


最近は洗濯ものをすぐに収納できるような、ファミリークローゼットが主流になっているようですが
ご家族のライフスタイルに合わせて
間取り・収納計画をしたいものです。
・共稼ぎ?一人は家事・子育てに専業?
・子どもがいる?いない?
・自宅で仕事する?

今は本当に多様性の時代ですから
皆さんの生き方・暮らし方に
カスタマイズして
後悔しない家づくりを楽しんでいただきたいと思います!

参考になれば幸いです。

blogは更新が滞りがちですが(恥)
毎週土曜日と新月の日には
公式LINEアカウント
「モノと心が整う片づくトリセツ」を配信しています✨✨

そちらを読んでいただけると
日々の片づくお悩みを解決するヒントが
見つかるかもしれません。

ぜひ、登録をおまちしております。
こちらをポチッ

□■□■□■□■□■□■□■□■□■

募集中のメニュー

●新築・リフォームのご相談はこちら

●片づけられるようになりたい貴女へ
レッスン&片づけコンサルティング
詳しくはこちら

●片づけてほしい貴女へ
片づけ訪問サポート受付中!
詳しくはこちら




この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする