防災

地震!家族の安否とリスク管理どうする!?

こんばんは!滋賀県・段取り下手な私にも出来た片づけを提案する
ライオーガナイザー🄬金子利佳です。今朝は阪神淡路大震災を思い出す
揺れを感じましたね。大丈夫でしたか?

 

大阪が震源地と聞いて真っ先に思い浮かんだのが
実家の母。一人暮らしをしています。
すぐに電話したら幸いにも繋がり、無事だと聞いて
ホッとしました。

お向かいの親せきが母の安否を気遣い
玄関先で声を掛けてくれていることがわかり、
ありがたいなぁとも思いました。

 

 

電話では余震が来た時に備えて
靴をすぐ履けるように、
何ならしばらく家の中でも履いておけば?なんて、
話していました。

 

姉や兄とも母のことで連絡を取り合い、
こんな時やっぱり顔が浮かぶのは家族と友人の安否だなあと
思いました。

 

娘は何度言ってもトイレの引き戸を閉めないのですが
『地震が起きて開けられへんようになったらあかん』
のだと。(うーん。そうくるか)

DSC_5501

 

どうかどうか、これ以上被害が出ない事を祈ります。
わが家も”もしも”に備えて防災の見直しを
してみようと思います!

 

 

今日もBLOGを読んで下さり、ありがとうございました。

 

6月下旬~7月上旬
片づけコンサル・片づけサービス募集中!
お問合せはこちらをクリック!