片づけ作業

片づけにときめかない時は『〇〇疲れ』が原因かも⁉

モノより生き方。
個性に合わせた【片づくトリセツ】を提案する
滋賀県ライフオーガナイザー🄬
金子利佳です。


衣替えの時期ですね。
気分は春でも肌寒かったりして
着るものに困るのもこの時期の悩みですが
片づけで一番の壁になる【決断する】という行為が
苦手だという方、とても多いと思います。
私も特に洋服には苦労してきました!!


たんに減らすことだけを目的にしても
結局また同じような服を買ってしまうのがオチ。


今日は【決断する】について、
できるだけスムーズにするコツをお伝えしますね✨✨



服の量にびっくり!

あるお客様の事例をご紹介します。
明らかに収納スペースよりも何倍もの洋服をお持ちだったA様。
二階の納戸化した部屋には衣装ケースが三個。
寝室のクローゼットにもハンガーに吊った服がパンパン💦💦


普段着は一階の和室に置いた服をヘビロテで着回しておられ、
二階の服はあまり着ていないとの事でした。



私とA様で寝室に集めた服の量は圧巻でした!
一枚ずつ分けていきましたが、
その時にわかったのは『こんなに着れない』ということ。



心理学でも選択の機会が増えすぎると、【決断疲れ】となり
人は正しい判断ができなくなるといわれています。



何を着ていいのかわからないのは
量が多すぎる⁈とも言えるかも。

これはパジャマに⁉

決断が難しい理由の一つに
基準を決めていない事があげられます。


Aさんと始めたのはTシャツからでした。
なんと、半袖のTシャツだけで半月毎日違うものが着れます。



これはお出かけの時に着たい。
これは子どもを産む前によく着ていたからまた着る。
このキャラクター、かわいいから残したい。
これはパジャマ代わりに着る。
(出ましたーーーパジャマ代わり!
かく言う私も部屋着やパジャマ代わりが
なんと多かったことか!)



だけど、着るのはその中の数枚。
着心地が良い、痩せて見える、色が好き、そんな数枚。



洋服がお好きなAさんですが服の片づけが重圧に。
部屋を占領して使えない…💧苦痛がいつも心にひっかかってる。



これでは本末転倒!2軍・3軍の服は古着屋へ買い取ってもらうなど
自宅から旅立ってもらいましょう。
(※どうしても無理~💧という時は私にSOS出してくださいね。
納得のいく分け方をリードさせていただきますよ)


毎日大好きを着る習慣

大丈夫です😊😊😊手元にはあなたを素敵に見せてくれる服が
残っています。
服は自己表現です。
あなたらしさが伝わり、あなたを素敵に見せてくれる数枚を
1軍にして一週間着回してみてくださいね✨




以前の私は1軍の服は『いつかの為』に置いといて
2軍の服ばかり着ていた時期がありました。



このパターンは買い物に問題があるのですね。
着ないけど買ってしまっているという…トホホ



1軍以外の服は無かったことにして、箱にしまいましょう!
それで問題が発生するか、ぜひお試しを
あれば、用途に応じて一軍復帰させればいいワケですし。



【決断疲れ】しないためには、
①”本当に”着たい服か?
②暮らしに合うファッションか?
③収納のキャパを超えていないか?
等など条件を決めると整理が進みます。

~おしらせ~

募集中の自宅レッスン
4/22㈭ 10:00~12:00 オーガナイズカフェ 残席3 受講費¥3,300
4/28㈬ 10:00~12:00 しつもんカフェ 残席1 受講費¥2,000

オンライン連続講座
5/7㈮・5/14㈮・5/28㈮ 20:30~22:30 私の時間管理講座第5期
受講費¥9,000

オンライン片づけサポート
5時間 ¥22,000~モニター価格¥16,500(コンサル&作業サポート)

お問い合わせなどはどこちら

こんな記事も読まれています
片づけ作業

お店のバックヤードも片付けでスッキリ!

2017年11月16日
滋賀・京都コンサル型片づけサポート
こんばんは!滋賀県在住ワーキングマザーのゆとり時間を応援するライフオーガナイザー🄬 金子利佳です。蒲生郡にある日野記念病院前に素敵なフラワーショップがあるのをご存知ですか?  …